子宮筋腫の最新情報

子宮筋腫の治療ガイド

子宮筋腫とは

近年、子宮筋腫に対する意識が高まってきています。

 

成人女性の約20〜30%の方は子宮筋腫を持っていると言われており、特別難しい病気というわけではありません。

 

更に、30〜40歳代の女性になると、超音波検査で発見できるような小さな腫瘍を含めたら、なんと70%以上の方が筋腫を持っていると言われているのです。

 

このように、成人女性なら誰にでも子宮筋腫になる可能性があるのです。

 

あなたもご存知だと思いますが、子宮筋腫とは、女性特有の病気で子宮に腫瘍ができるものですが、もう少し詳しく説明しましょう。

 

私達の体内には、胃や腸、血管などの臓器を作る「平滑筋」というものがあり、平滑筋の塊であると言われている臓器が子宮です。

 

そして、その平滑筋の塊である子宮の壁に、瘤状の物ができてしまう状態が、子宮筋腫となります。

 

見つかった筋腫の状態が小さい人や大きい人、1つだけの人や複数ある人など、筋腫のでき方も個人差があり、それに伴う自覚症状も人により色々で、子宮の異常を感じさせるような月経異常などの特徴的な症状を感じる方もたくさん居ますが、中には自覚症状が全くないという方も居るようです。

 

子宮筋腫でできる腫瘍は良性のものです。

 

腫瘍と聞いたら転移などを心配する方も多いでしょうが、子宮筋腫の場合は転移などの心配はありません。

 

しかし、一度出来てしまった筋腫は、時間をかけて少しずつ大きく成長していきますから、経過観察を怠らないように十分注意しましょう。

関連情報


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集