子宮筋腫の最新情報

子宮筋腫の種類

一口に子宮筋腫といっても、筋腫が出来る場所によって3つの種類にわけられています。

 

一つ一つの筋腫の種類について簡単に説明していきましょう。

 

「筋層内筋腫」

 

子宮の中の厚い筋層と呼ばれる部分にできる筋腫で、子宮の筋肉の中で筋腫がどんどん大きくなるタイプです。

 

初めのうちは、はっきりとした症状は感じませんが、筋腫が大きくなってくると、子宮内膜が引き伸ばされてしまうため、月経時の出血量が多くなります。

 

また、月経時の痛みの状態も酷くなり、下腹部にシコリを感じる方もいます。

 

「漿膜下筋腫」

 

子宮の外側を覆っている漿膜(しょうまく)の下にでき、子宮の外側に向かって大きくなるタイプの筋腫です。

 

筋腫の大きさがかなり大きくなっても自覚症状が出にくいため、太って下腹部が目立ってきたと勘違いする方も多いのが特徴です。

 

「粘膜下筋腫」

 

子宮の中の粘膜の下にでき、子宮の内膜へ向かって大きくなるタイプの筋腫です。

 

この子宮筋腫のタイプの場合、自覚症状がはっきりと現われるのが特徴です。

 

筋腫の大きさが小さいうちから、不正出血や月経多過の症状が出ます。

 

子宮筋腫の中でも、一番症状が重いのがこのタイプと言えるでしょう。

 

この3種類のうち、一番多く見られるのが「筋層内筋腫」で、次に「漿膜下筋腫」、最も発生率の少ないのが「粘膜下筋腫」となります。

 

厳密に言うと子宮筋腫の種類は、他にもあるようですが、子宮筋腫になっている90%以上の方がこれら3つの場所で発生することが分かっています。

子宮筋腫の種類関連エントリー


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

子宮筋腫の種類