子宮筋腫の最新情報

子宮筋腫と子宮内膜症

子宮筋腫と同様に、女性特有の子宮の病気として知られているのが「子宮内膜症」です。

 

月経のある女性の10人に1人の割合で、この病気を抱えていると言われている程なので、子宮筋腫と同じ様に、特別めずらしい病気ではありません。

 

また、近年では、若い世代の患者さんが増加傾向にあり、多くの方が知っている病気となっています。

 

しかしまだ、この病気の事を勘違いされている方が、非常に多いようです。

 

子宮という病名が付いている事で、多くの方が子宮の病気であると思っているようですが、実は、子宮内膜症は子宮の病気ではありません。

 

本来なら子宮にあるはずの内膜組織が、子宮以外のところにできてしまうという病気なので、子宮自体の機能が正常に働かなくなるような病気ではありません。

 

子宮以外に出来てしまった内膜組織は、子宮筋腫と同様に、月経周期による女性ホルモンの影響を受けて、いろいろな症状を起こします。

 

たとえば、強い月経痛が代表的な症状として言われていますが、この月経痛は月を重ねるごとにどんどん酷くなっていくのが特徴です。

 

また、月経時以外の時でも、月経痛のような痛みを下腹部に感じる場合があります。

 

治療方法には、薬物治療や手術などの方法があります。

 

子宮内膜症は、月経がある限り進行していく病気なので、月経を止めてしまうような治療法が行われます。

 

薬物療法で妊娠状態を作ったり閉経状態を作り出す等、更には、子宮筋腫と同じ様に、子宮を取り除く手術などが行われます。

子宮筋腫と子宮内膜症関連エントリー


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

子宮筋腫と子宮内膜症