子宮筋腫の最新情報

子宮筋腫と出産について

子宮筋腫と診断を受けた方の中には、妊娠経過の過程で発見される方も少なくありません。

 

皆さんもご存じのように、子宮筋腫とは子宮に良性の腫瘍が出来る病気ですから、診断を受けた方は、筋腫がお腹にある状態で問題なく無事に出産出来るのだろうかと、不安に思う方も多いのではないでしょうか。

 

結論から言うと、子宮筋腫がある状態でも出産することは可能です。

 

実際に、無事に出産をしている方もたくさんいらっしゃいます。

 

しかし、妊娠中は筋腫を成長させる女性ホルモンの分泌が活発になるため、かかりつけ医とよく相談してから進めることが大切です。

 

筋腫の大きさや出来ている場所によっては、赤ちゃんが通る産道が狭くなる場合があるため、帝王切開で出産するかもしれない事を考えておかなければなりません。

 

帝王切開での出産でも、生まれてくる赤ちゃんにとっては帝王切開と言う方法が一番自然に生まれてこられる方法なので、特別心配することはありません。

 

また、もし万が一、筋腫が出産するのに悪影響であると判断された場合は、お腹の赤ちゃんが安定期に入った時期を過ぎてから、子宮筋腫の摘出手術を行う場合もあるそうです。

 

どんな治療法が選択されたとしても、生まれてこようとしている大切な命を守るための方法です。

 

少しでも不安を感じているのなら、医師と納得いくまで話し合い、安心して出産に臨める状態にすることが、これから生まれてくる為の赤ちゃんにしてあげられる、一番大切な準備となるのではないでしょうか。

 

子宮筋腫と出産について関連エントリー


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

子宮筋腫と出産について