子宮筋腫の最新情報

子宮筋腫と更年期障害

子宮筋腫の手術によって子宮摘出を行った後、心配になるのが「更年期障害」です。

 

更年期障害とは、更年期に閉経へと向かうことで、女性ホルモンの分泌が少なくなってくることで、体調の変化を引き起こすものです。

 

症状の度合いには個人差がありますが、冷えやのぼせ、めまいなど、様々な体の不調が現われてきます。

 

女性の場合、誰もが通らないといけない道ですから、上手に付き合っていくことが大事な事ですが、現在の子宮筋腫での子宮摘出手術では、更年期障害が早まる可能性は少ないそうです。

 

その理由は、一般的な手術法として、特別な異常がない場合は、女性ホルモン分泌に重要な卵巣をとらない手術法だからです。

 

卵巣を残しておくことで、月経での出血はありませんが、女性ホルモンは手術前と同じように活動するそうです。

 

そのため、卵巣を残す施術法がとられることが多い現在では、子宮筋腫の手術により更年期障害が早まる可能性は低いと考えられています。

 

ですが、子宮筋腫の状況によっては卵巣摘出が必要な場合もあります。

 

この場合は、女性ホルモンの分泌が変化しますから、更年期障害が現われることを考えておく必要があるでしょう。

 

もし更年期障害の症状が現れたとしても、それで命を落としてしまうような病気ではないので、あまり深刻になる必要はありません。

 

最近は更年期障害に対する理解度もどんどんと高まっていますし、医療機関でも適切な処置を行ってくれます。

 

生活に支障があるような場合は、きちんと病院にかかり、抱えている症状と上手に付き合っていくことで、乗り越えられるものなのです。

子宮筋腫と更年期障害関連エントリー


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

子宮筋腫と更年期障害