子宮筋腫の最新情報

子宮筋腫とガンの関係

子宮筋腫が見つかった方の中には、それがガンにならないか心配をする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

子宮に腫瘍ができたと聞くと、腫瘍が良性だとわかっていても、進行する過程でガンになってしまうのではないかと心配なるのは当然のことです。

 

確かに、子宮の癌の中には、子宮筋腫と判別が難しい種類のものもあるので、病気に対して知識が高い方でしたら特に心配も大きくなるでしょう。

 

しかし、結論から言えば、子宮筋腫と診断されたらその出来てしまった腫瘍がガンになってしまう心配はほぼないと言ってもいいでしょう。

 

もし、検査過程で少しでもガンの疑いがある場合は、超音波検査などの一般的な検査方法だけではなく、細胞検査やMRI、CT検査など、詳しい検査を行うはずです。

 

また、このような検査はご自身が希望することで実施することもできるので、念のために検査を受けて、ガンの可能性を一つ一つ消していくのもいいかもしれません。

 

子宮筋腫の手術を終えた方にも、ガンに対する不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。

 

定期健診を必ず受けるようにと指示される場合が多いでしょうから、悪いことが起こる可能性があるのではと不安に思うのではないでしょうか。

 

術後の定期健診の目的というのは、術後の経過観察の為です。

 

また、子宮筋腫は再発する可能性があるため、筋腫のみを摘出する手術をした場合は、定期健診が必要です。

 

病気に対して慎重になることは大切な事ですが、前でも説明した通り子宮筋腫は良性の腫瘍であることを十分に理解して向き合っていくことをお勧めします。

子宮筋腫とガンの関係関連エントリー


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

子宮筋腫とガンの関係