子宮筋腫の最新情報

子宮筋腫と妊娠について

近年、女性特有の病気として関心が高まっている子宮筋腫ですが、たくさんの女性に存在する可能性があることを、あなたもよくご存じのことでしょう。

 

痛みなどの重い自覚症状と闘っている方、健康診断や検診などで子宮筋腫が見つかった方、現在治療中の方など、筋腫の経過がどうなのかとても気になることではないでしょうか。

 

特に、子宮筋腫を持っていてこの先妊娠を希望されている方、更には、妊娠が分かったと同時に筋腫がある事がわかった方などは、不安も多いのではないでしょうか。

 

どのような筋腫かその状態にもよりますが、筋腫によって妊娠の確率が低くなっているような場合は、手術で筋腫を摘出することで解消することが可能です。

 

ですが、筋腫を摘出したからといって必ず妊娠できるというものではなく、他に妊娠を妨げるような要因がある場合は、子宮筋腫の摘出だけで不妊は解消できません。

 

妊娠を希望されている方は、医師とよく相談し治療と家族計画を進めるといいでしょう。

 

妊娠が判明してから、筋腫が見つかる場合も珍しくありません。

 

妊婦100人中1〜3人位の方に、筋腫を発見すると言われています。

 

また、筋腫があることにも気がつかないまま分娩を迎えるという方も少なくないそうです。

 

子宮筋腫はホルモンの影響で大きくなっていきます。

 

妊娠中は、通常よりもホルモン分泌が活発になるため、筋腫が大きくなりやすいと言われています。

 

だからといって過剰に心配することはありません。

 

一般的には、筋腫が大きくなっても胎児の発育や分娩に影響はないと言われています。

 

妊婦さんは、胎児の成長や筋腫の状態を、医師が判断して適切な処置を行ってくれますから、不安な場合は、どんなことでも相談するようにしましょう。

子宮筋腫と妊娠について関連エントリー


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

子宮筋腫と妊娠について