子宮筋腫の最新情報

若い世代の子宮筋腫

以前、子宮筋腫は中年期と言われる世代が中心と考えられていた病気で、発症年齢の統計を見ると最も多いのが40歳代、続いて30歳代、50歳代となっていて、子宮筋腫を持つ方の80%以上が、30代後半から50代の女性でした。

 

ですが、最近は若い世代の女性達にも子宮筋腫を発見されることが増えてきているそうです。

 

30代後半〜50代に見られていた傾向が、最近は、20歳代〜50歳前半と広がる傾向にあるのです。

 

一つめの原因としては、性成熟が低年齢化していることにあります。

 

近年、子供達の体格の変化には驚く物があります。

 

それに伴い、初潮を迎える年齢も以前に比べてかなり早まってきています。

 

そのために、子宮内で筋腫が育ってしまう環境が、早くから出来てしまい、これが原因で若い世代の子宮筋腫が増えているのではないかと言われています。

 

二つ目は、生活習慣の変化です。

 

近年私達の生活は、欧米化へ移行していると感じている方も多いのではないでしょうか。

 

この変化が、子供の性成熟を早めている原因ではないかと考えられているそうです。

 

そして最近の子供達は、小さいうちから色々なストレスを感じる環境にあります。

 

それによって、ホルモン分泌の活動が刺激され、初潮の年齢を早めているのではないかと言われています。

 

三つ目は、遺伝によるものです。

 

子宮筋腫は遺伝性の病気ではないとは言われていますが、家族内で子宮筋腫を持った方がいる場合、発症率は数倍も高い事が分かっています。

 

このように、若い世代で子宮筋腫が見られるようになったのには、いくつかの原因が挙げられています。

若い世代の子宮筋腫関連エントリー


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

若い世代の子宮筋腫