子宮筋腫の最新情報

子宮筋腫の最新治療

子宮筋腫の手術といえば、下腹部に大きな傷を残し、術後の痛みで通常の生活に戻るのにも時間がかかるため、大変な手術という印象がある方も多いのではないでしょうか。

 

今、最新治療ではそのイメージを180度変化することができる治療法があるのです。

 

「集束超音波治療(FUS)」という治療法を知っていますか?。

 

これは、今までの子宮筋腫の手術のように、体にメスを入れずに手術ができるという新しい治療法です。

 

超音波の束を使って、取り除く必要のある筋腫を焼いていくのです。

 

なんと、痛みや副作用がとても少ないことから日帰り手術が可能なのです。

 

ここでは、子宮筋腫の集束超音波治療のメリットとデメリットをわかりやすく紹介していきましょう。

 

メリットは、子宮筋腫の治療を受ける女性の体への負担が非常に少ないことが挙げられます。

 

前でも説明したように、手術によるストレスがとても少ないことや、ホルモン治療などを継続されている方でも、治療することができます。

 

また、術後すぐに通常通りの生活に戻ることができますから、治療後に妊娠を望んでいる方にとっても、不安も軽くなります。

 

デメリットで一番の大きな問題としては、集束超音波治療による子宮筋腫の治療は、保険が適応されない為高額であることが挙げられます。

 

およそ50万程度の費用が必要とされているため、一般的な治療法として広がっていくにはまだまだ時間がかかりそうです。

 

そして、完治という面から考えると、外科手術に比べて効果が低いという点が指摘されています。

 

まだまだ始まったばかりの治療法ですし、施術できる医療機関も限られていますので、医師と相談の上、検討してみて下さい。

子宮筋腫の最新治療関連エントリー


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

子宮筋腫の最新治療