子宮筋腫の最新情報

子宮筋腫とセカンドオピニオン

「セカンドオピニオン」という言葉を知っている方も多いのではないでしょうか。

 

セカンドオピニオンというのは、発見された病気について、別の医師の意見も聞いた上で、自分が納得できる治療法や医師を見つけることを言います。

 

子宮筋腫の治療で、今の治療法などに少しでも不安や心配のある方は、この方法を取り入れてみてはいかがですか?

 

子宮筋腫だけに限らず、どんな病気でも診察してくださる医師によって、病状の判断や治療方針は異なるものです。

 

それと同じように、患者側も、その医師の判断が合う方とそうでない方がいらっしゃいます。

 

特に、子宮筋腫の手術が、人生初の手術となるような場合は、それが本当に自分にとって最適な方法なのかとても不安になるのではないでしょうか。

 

そんな時は迷わず「セカンドオピニオン」と使うと良いでしょう。

 

これは患者側の主張できる正当な手段なので、セカンドオピニオンを受けたいと医師に伝えたからと言って、気分が悪くなるような対応をする医師はいらっしゃらないはずです。

 

きちんと自分の気持ちを伝えることで、セカンドオピニオンを受けられる病院に紹介状を書いてもらえるはずです。

 

家の近くの病院、大学病院など、何箇所かの病院でセカンドオピニオンを受けてみると、自分の子宮筋腫治療にはどの病院が適しているのか、やはり今までお世話になっている病院が良かった等の判断もでき、安心して治療に取り組むことができます。

 

セカンドオピニオンを積極的に活用されている方はまだまだ少ないようですが、これを機会にご自分の治療の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

子宮筋腫とセカンドオピニオン関連エントリー


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

子宮筋腫とセカンドオピニオン