子宮筋腫の最新情報

子宮筋腫手術後の生活

子宮筋腫の手術を終えてからの生活がどのように変化するのだろうと、不安や疑問を持っている方も少なくないのではないでしょうか。

 

一般的に、特別体に負担をかけるような行為を急激にしなければ、1か月程で通常の生活に戻れると言われています。

 

具体的な例を紹介していきましょう。

 

「家事」

 

重いものを持ち上げたりする様なことに気をつけてさえいれば、通常の生活は可能です。

 

ただし、子宮筋腫の手術後は思っている以上に体力を消耗していますから、無理のない範囲でこなすことが大切です。

 

「仕事」

 

お仕事をしている方は、手術後1か月を目安に復帰すると良いでしょう。

 

子宮筋腫の手術後は、最低でも2週間は自宅で体を整えてから、仕事に復帰するようにしましょう。

 

「入浴」

 

担当医の許可が下りるまでは、シャワー浴のみとして、入浴は控えた方が良いでしょう。

 

子宮筋腫の手術痕の回復状況にもよりますが、だいたい術後1か月位で入浴可能になることが多いようです。

 

「運動」

 

手術後1か月間は、なるべく控えるようにしましょう。

 

特にスポーツを趣味として持っているような方の場合は、6か月程度は激しい運動は控えましょう。

 

「性生活」

 

傷口が開いてしまったり、痛みを伴うことも予想されます。

 

また、性交渉で感染症を引き起こす可能性も十分に考えられますので、子宮筋腫の手術後、最低1か月は控えるようにしましょう。

 

デリケートな問題ですが、きちんと医師の説明を受けた上で再開するのが良いでしょう。

子宮筋腫手術後の生活関連エントリー


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

子宮筋腫手術後の生活