子宮筋腫の最新情報

UAEでの子宮筋腫治療

子宮筋腫の治療法に「UAE」という方法があるのをご存じですか。

 

これは「子宮動脈塞栓術」というもので、メスで切開しなくても行える手術方法です。

 

外科手術が困難な子宮筋腫や、小さい筋腫が複数あるような場合の治療に適した方法と言われています。

 

UAEによる子宮筋腫の治療法は、脚の付け根にある血管からカテーテルを挿入して、子宮動脈の血管を詰まらせるという方法です。

 

そうすることで、筋腫を成長させる酸素や養分が送られなくなり、筋腫を小さくしていく効果が期待できるそうです。

 

現在分かっているUAEの実績はというと、手術後約3か月で50%程度、1年後には30%程度の大きさまで筋腫を小さくすることができたそうです。

 

また、筋腫の大きさが小さくなるに従って、子宮筋腫特有のいろんな症状を軽減できることが出来ることがわかっています。

 

UAEで子宮筋腫の治療を行うことのメリットは、次のようなことがあります。

 

・腹部を切開しないので、患者さん自身の負担が少ない

 

・局部麻酔で出来るので、翌日には退院できる

 

・子宮を残した治療が行える

 

・再発の危険性を減少させることができる

 

しかし、始まったばかりの方法のため、実績データに乏しいことや保険対象外の治療になる為、治療費が高額になることなどがデメリットとして挙げられます。

 

まだ実施できる医療機関も限られているため、病院によって違いはありますが、約50万円程度の費用が必要になるようです。

 

また、子宮への血液循環が急に止められるため、術後数時間は強い痛みを感じます。

 

そのために、痛み止めなどの投与で患者さんへの負担を軽減させるよう痛みをコントロールする必要があります。

UAEでの子宮筋腫治療関連エントリー


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

UAEでの子宮筋腫治療