子宮筋腫の最新情報

子宮筋腫と民間療法

子宮筋腫の治療方法で「民間療法」を取り入れている方も居られるようです。

 

民間療法とは、私達の体に備わっている「自然治癒力」を高めて、病気を回復させたり、病気からくるいろんな症状の苦痛を緩和させていこうというものです。

 

自然治癒力を発揮できる力に個人差があります。

 

また、生活環境の違いなどにより、自然治癒力を邪魔してしまう条件もあると言われています。

 

そのため、民間療法を取り入れても、子宮筋腫を抱えた全ての方が効果を感じるかどうかはわかりません。

 

同じ病気や症状であっても、一人一人合う方法とそうでないものがあるということを十分に理解した上で、子宮筋腫が完治の為というよりも、症状を緩和させるための1つの方法として取り組むことをお薦めします。

 

子宮筋腫の民間療法で行われる方法をいくつかご紹介します。

 

「断食療法」

 

小さな筋腫の場合は1週間以上断食をすることで、筋腫の大きさを小さくする効果が期待できるそうです。

 

しかし、断食を独学で行うのは危険な行為です。

 

断食と言っても、ただ食べないというのではなく、ある程度、栄養補給をしながら体を浄化していくのです。

 

断食を取り入れる時は、必ずちゃんとした指導者に習い実施するようにしましょう。

 

「ヘチマ」

 

子宮筋腫のいろんな症状や月経過多に効果があるとされる、ヘチマの種を煎じて飲んだり、実を焼いたものを煎じて飲むと良いそうです。

 

「トクサ」

 

茎を煎じて1日3回程度飲むと異常な出血の緩和に効果が期待できるとされています。

子宮筋腫と民間療法関連エントリー


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

子宮筋腫と民間療法