子宮筋腫の最新情報

子宮筋腫の薬物治療

子宮筋腫が見つかったとしても、筋腫の大きさや、その人の感じている症状によって薬物投与による治療だけで対応することがあります。

 

子宮筋腫で処方される薬物治療の代表的なものは以下のような方法になります。

 

「鎮痛剤」

 

症状が軽い場合ももちろんなのですが、月経困難症のような重い月経時の対処法としても用いられています。

 

市販薬などにも使用されている「アセトアミノフェン」や「イブプロフェン」などの薬を処方されるのが一般的ですが、強い痛みがある場合は「プロスタグランジン合成阻害薬」というものが処方される場合があります。

 

この薬は、月経痛の原因であるる「プロスタグランジン」の過剰な分泌を抑える働きを持っています。

 

月経開始の1〜2日前から服用することで、高い効果が得られると言われています。

 

「ピル」

 

月経時に感じる症状が重度である場合、処方されることがあります。

 

子宮筋腫を小さくするのものではなく、ピルを服用することで、辛い症状を軽くするために用いられます。

 

飲み続けることで出血量を抑えることもでき、月経痛が軽くすることができます。

 

「儀閉経療法」

 

女性ホルモンの分泌を抑えて、月経自体を止めてしまう方法で、出血がなくなり子宮筋腫を小さくする効果も期待できます。

 

点鼻薬や注射によって、ホルモン剤を投与していく療法ですが、これは更年期症状や骨密度の低下などの副作用があるため、長期間の使用はできません。

 

継続して使用する場合でも、6か月以内で用いることとされているそうです。

子宮筋腫の薬物治療関連エントリー


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

子宮筋腫の薬物治療