子宮筋腫の最新情報

子宮筋腫の検査

子宮筋腫かもという場合に行われる検査はいくつかあります。

 

一般的に多く行われているのが「超音波検査」です。

 

エコーという言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

 

膣内に機械を挿入して検査を行う「経膣超音波検査」と超音波をお腹から当てて検査を行う「経腹超音波検査」とがあります。

 

子宮により近い部位で検査ができる「経膣超音波検査」は、小さな筋腫も見つけることができるため、検査精度から考えるとこの検査の方がお勧めなのですが、心理的なストレスを考慮して「経腹超音波検査」から始める病院も多いようです。

 

次に多い検査方法としては「内診」や「視触診」です。

 

「視触診」の検査では、お腹に触れることで子宮筋腫の状態を検査していきます。

 

筋腫が進行して大きくなっている場合は、腹部を圧迫して触診するだけでも判断ができるそうです。

 

この方法は自分自身でも実行できる方法なので、入浴時などに下腹部を触ってみて、シコリのようなものがないか、日頃から確認しておくといいでしょう。

 

「内診」の検査では、直接性器に触れて検査します。

 

子宮筋腫の種類の中でも、子宮内膜の下のできるタイプの場合、ごく小さな筋腫でも発見できるため、内診検査が非常に有効です。

 

さらに、子宮筋腫が進行している場合は、卵巣の状態を確認する方法としても有効なので、確実な検査方法と言えるのではないでしょうか。

 

「血液検査」

 

血液中のヘモグロビン濃度を測定して、子宮筋腫の可能性を判断します。

 

筋腫があると、月経時の出血量が増えることが多いため、ヘモグロビンの減少で貧血を起こすケースがあるからです。

子宮筋腫の検査関連エントリー


子宮筋腫の原因や症状、最新治療法まで分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 子宮筋腫の治療ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

子宮筋腫の検査